田畑煙火株式会社 遠州浜松花火
 
HOME
会社案内
企画・購入
商品情報
申請関連
花火大会
Q&A
お問い合せ

 

 
 近年、大きな花火大会が減少又は縮小していく傾向の中、小さな枠の地域で納涼祭や夏祭りでの花火の打上げは根強く続いています。また結婚式、文化祭など少量ですが、花火の打上げをやってみたいと考えている方が増えてきました。そこで、花火を打上げるために必要な準備や知識を簡単に紹介していきます。 (手筒花火についてはコチラ


打上場所の確保
 花火を打上げるためにまず取り掛かる事が、打上場所を探すことです。打上場所は保安距離を含めて広大な敷地が必要です。そのため自分の敷地がなければ、田んぼや畑の地主から使用の承諾をもらい、花火の打上に使わせてもらったり、公園や河川敷では管理者の許可をもらい、打上場所を確保したりします。保安距離とは消費する花火の種類によって違いますが、小さな花火の3号サイズ(夜用)なら50mですし、大きい10号サイズなら180mの建物がない距離が必要です。また、最近では狭小な場所での催しでも行える小型花火や小仕掛花火もあります。
保安距離―静岡県の打上花火の保安距離
*保安距離は各都道府県により異なります。
 詳しくは消費予定地の消防署にお尋ねください。


予算による花火の種類の選定
 次にどのような花火を上げるかです。花火の種類はとても多いので、ここでは代表的なものを紹介します。まず一番代表的な夜の『打上花火』があります。打上花火は大きさにより値段が異なります。一発が小さな3号サイズなら相場は3,500円前後です。小さいといっても、上空約120mの高さで直径50mの球状の花火が開きます。中位の5号サイズなら相場8,000円前後です。大きな10号サイズなら相場50,000円前後で、高さ約330m地点まで打ち上がり直径約300mの大きさに開きます。
 また打上花火は昼にも打上げをします。これは運動会やお祭の合図に使われる音の花火で、3号サイズで3,000円前後です。
 この他に、文字や絵などの『枠仕掛』にナイアガラの『滝』や『乱玉』、『火車』などの仕掛花火があります。また、雄々しい手筒花火など色々あります。
 花火大会では、これらを組み合わせて打つので莫大な金額になります。小規模の花火の打上には、3号玉や『小型花火』と呼ばれる数万円のものが中心になります。
 まずは、花火を打上げたいなら花火屋さんに相談するのが一番です。当社、田畑煙火はどこにも負けないサービスを提供するよう努めていますので、どうか御ひいきの程宜しくお願いします。


打上許可・届出などの手続き
 少量の打上げの場合は届出書を、たくさんの打上げをする場合は許可申請書を消防署に提出しなければなりません。許可申請は書類も複雑であり、手数料に7,900円掛かります。また他人の敷地を借りるのであれば、承諾書なども必要です。これらを届出書なら打上る1週間前までに2部、許可申請書ならば3週間前までに3部を提出しなければなりません。(無許可消費について―届出範囲
申請書類は当ホームページからダウンロードできますので、ご利用ください。≪申請書関連
*手続きは各自治体によって多少異なります。詳しくは消費予定地の消防署にお尋ねください。

Copyright(C) 2009 Tabata Fireworks Co.,Ltd.